ハイヤーの基本をおさらい!

ハイヤーの基本をおさらい!

ハイヤーの基本をおさらい! 街中を黒塗りの高級車がさっそうと走る抜ける姿を見たことがある人は多いことでしょう。その黒塗りの高級車がハイヤーです。ハイヤーは基本的に黒塗りの車であり、いわゆる高級車が使われています。国内有名メーカーもしくは、海外有名メーカーの車両が使われている場合もあります。乗務員は、さまざまな年齢層の人がおり、最近では女性の割合も高くなってきました。おもてなしの心が大事とされる仕事であるため、意外と運転好きな女性に向いている仕事なのかもしれません。幅広い年齢層の乗務員が増える方が乗務員の質の向上にもつながります。

「ハイヤーはタクシーと似ているけれど、セレブが乗るもの」このように捉えている人が多いように感じます。確かに、テレビで見かけるハイヤーは、皇室の方や政治家、芸能人などが乗っていることが多いことから、一般市民にはかかわりのない乗り物だろうという先入観があると思われます。また、いかにも高級なイメージがあるため、そのような印象を持たれるのでしょう。実際のところは、セレブといわれる人々はもちろんのこと、一般市民で利用されている方も増えています。一度何かのきっかけで利用することがあれば、先入観は無くなるでしょう。

ハイヤーはさまざまなシーンで利用されます。ハイヤーを扱う会社によって違いがあるとは思われますが、空港関連の送迎に利用されることが多く見られます。空港に出迎え、もしくは空港へお客様を送り届けます。空港への出迎えが外国人である場合は、お客様の母国語が話せる乗務員の出番です。そのため、英語や韓国語、中国語などができる乗務員は重宝されますし、乗務員の多くが何らかの外国語を話せるようにしています。ハイヤーの乗務員になったばかりのときは、日本語しか話せなかったのに、入社後の勉強で英語や韓国語くらいであれば、日常会話がスムーズに話せる乗務員が多く見られます。

このほか、観光ハイヤーという観光地を巡るために利用されることもあります。感染症対策としては大勢が乗車するバスなどに比べると安心感は高めでしょう。知らない人と乗り合わせることがありませんし、ハイヤーに感染症対策が充分すぎるくらい行われている点も安心感につながっています。もちろん、乗務員も毎日の健康観察をはじめ、検温やマスクなどできるかぎりの感染症対策を行っています。本来ならば出かけないことが感染症対策として一番効果があるとはいえ、どうしても出かけないといけない場合に移動手段として一番安全性が高いと思われるハイヤーを利用する人も増加中です。特に、高齢者や持病のある人にとって、見えないウイルスは恐怖そのものです。自分を守るために、少しくらい高い費用をかけたとしても安全を取るのは賢明と言えるでしょう。

このほかにも、大企業や外資系企業などが役員の送迎に利用することもあります。人数が多い送迎の場合は、大型バンのハイヤーの出番です。冠婚葬祭や接待ゴルフなどで利用されます。近年、企業の多くが専属の運転手を廃止する方向に来ていることもあり、企業の利用は増えています。時代の移り変わりとともに、新しい業態へとシフトしていく流れのひとつが、このような業務のアウトソーシング化なのでしょう。

ハイヤーは高いのでは?と思われがちですが、利用人数などによって負担はかなり違ってくるものです。1台のハイヤーを利用する場合は1名で利用しても、5名で利用しても費用面は同じです。5名で利用すると5人で割り勘にすれば、一人当たりの費用負担は想像しているよりも安く済むでしょう。大勢で利用する局面は、送迎や観光、サプライズ利用などあらゆる場面で見られます。基本的にこういう利用方法でないといけないというきまりはないので、あらゆる場面で利用できるでしょう。

最新投稿