ハイヤーの乗務員はどのような人々ですか

ハイヤーの乗務員はどのような人がされているのか気になることでしょう。街中をさっそうと走り抜けていくハイヤーから想像できるのは、洗練された乗務員の印象かと思われます。もしくは、テレビなどで見かける場合も、所作が美しく、控えめな印象があるでしょう。基本的に、ハイヤーの乗務員はビジネスマナーを心得ており、秘書検定を取得していたり、会社の研修でマナー講座を受けていたりします。丁寧な言葉使いや、対応については申し分がないでしょう。とはいえ、ずっと黙ったままで何も話さないのではなく、適度な距離感を持って会話も楽しめます。乗務員は、国内外の要人を乗せることもあるため、世界情勢や今何が流行していて、何が話題になっているのかなど常に勉強しています。

お客様のなかには、乗務員と会話をしたい人もいれば、会話を求めないという人もいます。予約時にそれを申し出しているお客様もいますが、だいたいはお客様の雰囲気や態度で読み取らなくてはなりません。そのときの気分で変わる場合もあるため、洞察力が求められます。些細なことから、どのような感情を持たれているのかを察知できる人でなければ、お客様への心地よいサービスはできないのかもしれません。

ハイヤーの乗務員は20代の新卒から50代や60代の人までいます。これはハイヤー会社によって平均年齢にかなり違いがありそうです。若手の多いハイヤー会社は、大学の外国語系の学科などを卒業した新卒を入社させ、育てていくというやり方です。一方、タクシーの運転手を長年していて、その流れでハイヤーの乗務員になるパターンもあります。この場合は、運転や地理については熟知していますが、タクシーとハイヤーでは提供するサービスに違いがあるため、そのあたりの研修が必要でしょう。タクシーと同じような接客や内容であれば、わざわざハイヤーを呼ぶ意味がありません。研修は接客スキルの向上はもちろんですが、安全運転への心得、そして語学的な研修です。ハイヤーの乗務員はなりたての頃はあまり外国語の知識は求められないのかもしれませんが、ある程度の期間を過ぎると確実に求められるものです。

向上心があり、スキルアップして、自分の接客スキルや語学力などを生かしたいというような向上心が強い人に向いている仕事です。おもてなしの心や丁寧な所作などが求められます。語学力についてはずっと勉強するつもりで言葉を習得していくことが望ましいと思われます。