ハイヤーの感染症対策が知りたい

世界中に蔓延している感染症。ワクチンや特効薬ができたとしても、完全な終息はなかなか難しいとの声も聞かれます。これから、ウイルス対策は引き続き行っていかなければなりません。もちろん、ハイヤー業務はお客様に感染症の危険を及ぼすことがないように、徹底した感染症対策が取られています。感染症対策がしっかり行われているため、ハイヤーを依頼するという人もいるくらいです。これからは安心と安全をお金で買う時代となるでしょう。特にウイルスは目に見えないもののため、徹底した対策が必要です。

ハイヤーの感染症対策は、まず乗務員の健康管理から始まります。乗務員が感染症に罹患してしまっては元も子もないため、毎日の健康管理が求められます。検温や定期的なうがいや手洗い、消毒が行われます。もし、乗務員が体調不良で業務を休むという場合、必ず医師の診察結果を義務付けているハイヤー会社もあるようです。普段より体温が少しでも高めだと出勤停止というハイヤー会社もあります。結局のところ、ヒトからヒトへの感染が主な感染ルートであるため、乗務員が体調万全の状態で業務にあたることが大切なのです。

また、使用するハイヤーの感染症対策は、ハイヤーが完全予約制であるため、乗客の送迎が終わるたびに車内を次亜塩素酸ナトリウムを使って除菌します。運行のたびにこのような消毒を行うのは、接触感染を防ぐためです。接触感染で感染するパターンもあるため、徹底した消毒が必要です。また、車内に空気清浄機やオゾン発生器を設置することで、より高い感染症対策を行っています。このほか、運転席と後部座席のお客様との間に感染予防のために飛沫防止フィルムを設置することも行われています。できることはすべてやっていく、それがハイヤーの感染症対策です。

さらに、乗務員同士も普段の業務から三密回避を行っています。営業所内の換気を徹底し、ソーシャルディスタンス、さらに控室の使用人数をあらかじめ決めておくなどです。業務にあたりにくいこともありますし、これまでと違って気を遣う点が増えたこともあり大変さはあるとは思われますが、乗務員はお客様の安心と安全のために日々気をつけています。ここまで徹底して感染症対策ができるのは、ハイヤー業界そのものが高級さとラグジュアリーさを提供するからです。それに見合った感染症対策を考えると、ここまで徹底したものにたどり着きます。ハイヤーが選ばれる理由のひとつが、このように徹底したお客様ファーストの業務内容が行われているからなのです。